トップ用語解説
用語解説
M&A(エムアンドエー)とは"Mergers and Acquisitions"の略で、直訳すれば企業の合併買収のことをいいます。一般的には、企業の合併・買収から広く提携までを含めます。M&Aの手法には株式譲渡・新株引受・株式交換、事業譲渡、合併、会社分割などの様々な手法があります。 M&Aは新規事業や市場への参入、企業グループの再編、業務提携、経営が不振な企業の救済などを目的として実施されます。 M&Aは、買い手側として、それが適正に行われれば、企業価値を高め、売り上げの増加につながります。また、売却益、後継者問題の解決、社員待遇の改善など、売り手側のメリットにも大きいものがあります。経営戦略の一つの選択肢として、有力な手段となります。

M&A 図
>>この頁のトップ
会社分割は、会社が有する様々な「事業」の分離・独立を行い、経営の効率化・企業再編を図る手法の一つです。例えば、不採算部門と優良部門を持った会社が、優良部門と資産を持って子会社を設立します。もとの会社に重たかった負債を置いていけるので、子会社は『優良企業』としてスタートすることができます。
>>この頁のトップ
会社の事業の全部または一部分を売買するM&Aの手法です。
会社全部は譲渡したくないが、切り離したい事業があるときに有効に利用できます。また、飲食業や小売業のように多店舗展開している業種では1店舗のみの譲渡をすることもできます。 一方、譲受する会社にとっては譲渡会社が不良資産を抱えており、会社ごと譲り受けるとリスクが高い場合などに優良資産に限定して譲渡を受けることが可能となります。
これらのメリットを積極的に活用すれば事業譲渡は有力な経営手段となります。
>>この頁のトップ
様々なご事情で借り入れたお金を返済出来なくなった人の所有している不動産(土地・建物・マンション等)、動産などの担保物件を地方裁判所が差し押さえて、それを裁判所の管理下で売却することで、借金の返済にあてます。この売却方法を競売と呼びます。 競売になった物件は裁判所に委嘱された不動産鑑定士が、物件を査定して最低売却価格を決めます。この価格は競売という特殊性により市場価格の4割〜8割程の設定になっています。 ※「担保不動産」とはお金を借りた人が担保として提供している不動産のことです。
>>この頁のトップ
金融機関と交渉して借入金の返済について、返済期間を延ばしてもらったり、期間を設けて利息のみの支払いにしてもらったり、減額や棚上げしてもらうことです。リスケジュールに応じてもらうには、具体的な事業計画書や資金繰り表を提出するよう求められます。
>>この頁のトップ
保証会社とはそれぞれの金融機関の子会社となります。融資を受ける際にその借り入れを保証する会社で、債務者が保証料を支払うことで連帯保証人の代わりになってくれます。金融機関は融資が焦げ付いた時には、その保証会社に保証してもらい、貸金を回収するシステムになっています。 保証協会とは、都道府県が設立運営している特殊法人となります。中小零細企業が金融機関から融資を受ける際に、公的機関としてその保証人となって借入を容易にし、金融の円滑化を通じて、中小企業の支援を行うため設立された組織となります。
>>この頁のトップ
保証会社(保証協会)の代位弁済とは、保証会社(保証協会)が保証する債務者の債務を保証人として弁済(借入金の返済を)することをいいます。しかし債権債務関係は消滅したわけではなく保証会社との間で返済の義務は生きているので、保証会社(保証協会)へ返済することになります。
>>この頁のトップ
平成11年2月に施行されたサービサー法により、法務省の管轄の下で、金融機関等から不良化した債権を譲り受けて回収する債権回収専門会社のことです。
サービサーというと、消費者金融等と同じような厳しい取り立てをされるイメージがありますが、法務省の厳しい規制・管轄の下で運営されていますので、法律から逸脱した取立てをされることはありません。
>>この頁のトップ
金融機関が持つ不良債権は、主にサービサーに債権譲渡して処理されます。原債権者である金融機関からサービサーに債権譲渡される金額は、債務者の状況により大きく変わるようです。明らかにはされていませんが、債権回収の可能性が高いものは債権額の10%を超え、回収の可能性の低いものは1%を割り込むものもあるようです。債権を譲り受けたサービサーとしては、譲り受けた代金以上が回収できれば、差額を放棄するなどの債務免除交渉が可能になります。
>>この頁のトップ
競売申立、もしくは滞納等により競売の危機が到来してしまった所有者の方が、投資家・私募ファンド等に不動産を売却し、家賃を払う事により当該不動産を利用し続けるということです。リースバックすることで、事業所や工場などは、取引先や顧客の信用を失うことなく営業が可能となります。
ただし、収益物件として一定の利回りが確保される事、建物の診断、生活・営業状況の勘案等精査(デューデリジェンス)を行い一定の条件がクリアされることが条件となります。
>>この頁のトップ
債権を有する債権者が「債権の回収が困難な場合」又は、債務を負う債務者が「債務の弁済が困難な場合」に双方の合意した価格にて、競売という手段に頼らずに不動産を売却する方法となります。市場価格にて売却が可能となりますので、競売よりも高額での売却が可能となります。また競売費用がかかりません。
>>この頁のトップ
投資用不動産の取引を行うときや、企業が他社の吸収合併(M&A)や事業再編を行うときなどに、本当に適正な投資なのか、また投資する価値があるのかを判断するため、事前に詳細に調査をする作業です。
>>この頁のトップ
事業が生み出す将来のキャッシュフローを予測して、それをある一定の割引率で割り引いて現在価値を求める手法のことを言います。

DCF 図
>>この頁のトップ