トップ企業再生支援メニュー
企業再生支援メニュー
私たちは、経営改善、リスケジュール、営業譲渡、事業譲渡、会社分割などの再生手法を駆使し、窮地に陥った企業の企業再生・事業再生を支援いたします。

まずは、企業再生(企業自体の生き残り)の道として、リスケジュールや、営業譲渡、経営改善などを検討します。企業自体の再生が難しい場合は、その中の優秀な事業だけでも、事業譲渡や会社分割などの方法で再生の道を検討して、従業員の雇用を確保し、取引先に迷惑をかけない方向で再生を行います。

当方では、豊富な経験と実績を持つコンサルタント陣が、単なる債務圧縮、バランスシート改善だけではなく、売上や収益率の向上までを含んだ本当の意味での事業再生を、より確実にスピーディーに行います。

企業再生には、裁判所を通す民事再生から裁判所を通さない任意再建まで様々な方法がありますが、私たちは、貴社に最も適した再生方法で建て直しを図り、「企業の健全性と収益性」を回復させます。

企業・事業再生支援
銀行対策・リスケジュール
保証会社・サービサー・ 競売対策・対応

弊社M&A支援サービスの特徴
企業再生を見極めるポイントとして、略図を作成しました。

「営業収支」とは、売上から仕入や人件費を含む諸経費を差し引いた収益、「経常収支」とは、営業収支から借入金など返済後の収益と思ってください。

1.営業収支プラス、経常収支プラス

どの程度プラスなのか注意しなければなりませんが、会社は基本的に継続可能な状態にあります。
経営改善などを行い、さらに安定した経営を目指しましょう。

2.営業収支プラス、経常収支マイナス

せっかく利益を上げているのに、借入金返済で経営が苦しくなっている状態です。
リスケなど債務圧縮を行い、まずは資金繰りを安定させる必要があります。
その間に、経営改善を行い、経営戦略を立て直し、企業再生を図ります。

3.営業収支がマイナスだが、ある部門(事業)だけはプラス

収益をあげている部門あるいは事業がある場合は、事業譲渡や会社分割で、事業再生を図ります。
企業全体での再生は厳しい状態でも、優良な部門、事業だけでも残せれば、従業員、取引先にかける迷惑は少しでも減ります。

4.営業収支マイナス、だけど、営業収支をプラスにする手立てあり

売上を上げる、仕入を減らす、経費を削減するなど、まだまだ営業収支をプラスにする手立てはあるはずです。
営業収支をプラスにできれば、生き残りの道は必ずあります。

5.営業収支マイナス、プラスにする手立ても無し

売上を上げ、経費を引いて、そこに利益が残らない限り、経営を続けていくことは困難です。
優秀な部門、事業もない場合、清算を考えるべきかもしれません。

しかし企業は、それぞれにいろいろな状況があり、この図で簡単に 判断できるものではありません。企業再生の専門家による、早期診断、早期対策が、企業再生の実現には とても重要になります。まずは、ご相談いただけたらと思います。




まずはお気軽にご相談ください。