トップ企業再生支援メニュー銀行対策・リスケジュール
ピックアップメニュー
過剰債務で経営が圧迫されている、資金繰りの目途が立たない、毎月の返済に追われているなどの場合、リスケジュールは有効な手段となります。

リスケジュール(リスケ)とは、金融機関と交渉して借入金の返済について、返済期間を延ばしてもらったり、一定期間利息のみの支払いにしてもらったり、減額や棚上げしてもらい、月々の返済額を減額してもらうことを言います。

リスケに応じてもらえると、月々の返済額が減額されるので、一時はバランスシートが改善され、経営が楽になりますが、そのまま経営改善、経営戦略の建て直しを行わないと、すぐにまた経営が悪化してしまいますので、その間に会社の建て直しを図ることが重要です。

しかしリスケに応じてもらうには、銀行から具体的な事業計画書を提出するよう求められます。それらの提出物の作成が難しくて、銀行交渉が進まない経営者様が多いようです。

当方では、会社の状況をしっかり把握してから、銀行を納得させる資金繰り表、事業計画書などの作成をご支援致します。また銀行に同行して、銀行交渉も強力にバックアップいたします。
また、一度銀行にリスケをしてもらった場合でも、再度リスケの調整をお願いすることは可能です。
そのような場合も当方にご相談ください。


まずはお気軽にご相談ください。