トップM&A支援サービスM&Aの概要
M&Aの概要
M&A(エムアンドエー)とは、「Mergers(合併) and Acquisitions(買収)」の略で、「企業の合併・買収」のことを言います。一般的には、企業の合併・買収だけではなく、資本提携、業務提携などを含めた広い意味での企業提携の総称として使われています。
M&Aには、株式譲渡・新株引受・株式交換、事業譲渡、合併、会社分割などの様々な手法があります。

M&A増加の現状と背景

日本におけるM&A件数は、95年以降急増し、この10年余りで約5倍になったと言われております。金融再編、規制緩和、デフレ経済下という厳しい経営環境のもとで、「選択と集中」・「リストラ」を始めとする「業界再編」・「事業承継」・「新規事業進出」等が注目され、経営戦略の有効的な選択肢の一つとして定着してきました。

さらに昨今、世界的不況の中で企業を取り巻く経済環境が急激に変化し、各業界の再編が進み、生き残りを掛けた同業他社との差別化やスピード・柔軟性を持った経営戦略が必要となる中で、積極的なM&Aが有効活用されてきております。

また、高度成長期に創業した中堅・中小企業の経営者が高齢になり、後継者不足で廃業・清算を余儀なくされる中堅・中小企業が年間約7万社にのぼると言われており、後継者問題からも中小企業の「事業継承」に係るM&Aが増加しています。

M&Aの活用
M&Aはさまざまな経営課題の解決策として、多くの企業が活用しています。
成長に限界を感じる企業が「経営戦略としてのM&A」を行うほか、中小企業などでは後継者不在の解決策として「事業承継としてのM&A」が活用されています。

「事業承継としてのM&A」

戦後創業された企業が世代交代期を迎えているにもかかわらずご子息が後を継ぎたがらないケースが増え、後継者問題を抱えている中小企業は60万社あると言われております。
M&Aを活用することでこれまで苦労して築きあげてこられた事業を第三者に友好的に引き継いでもらうことができます。

「経営戦略としてのM&A」

商圏を拡大したい
M&Aを活用して他社の事業基盤をスムーズに取得することで、商圏をよりスピーディーに拡大していくことが可能となります。

より発展性のある企業と提携したい
他社と積極的に戦略的提携関係を構築することで、ビジネスチャンスが格段に広がり、より付加価値の高い製品やサービスを生み出すことが可能となります。

新規事業に進出したい
新規事業に参入する手法として他社を買収して参入する方法があります。ゼロから自社ですべて立ち上げるよりも既存の他社の事業を買収したほうがかかる費用もリスクも少なく合理的です。


まずはお気軽にご相談ください。