トップコンサルティングメニュー資金調達・資金繰り支援
ピックアップメニュー
融資を受けるには、銀行から具体的な事業計画書を提出するよう求められます。「キャッシュフローが明確になっていて」かつ「返済計画がしっかり盛り込まれた魅力的かつ実現可能な事業計画書」を作成する必要があります。
当方では、事業計画書の作成のご指導、ご支援もさせていただきます。

融資を受けることで急場の支払いを凌いだとしても根本的な対策をとらないと次の支払いでまた苦しくなります。収益構造、財政状況を改善し、財務体質を根本的に改善することが必要です。当方では、目の前の資金繰り対策だけではなく、経営全体を見直し、企業の健全化のお手伝いまでさせて頂きます。

資金調達支援

「設備投資をしたいが、資金調達が上手くいかない」「運転資金を至急用立てたい」「銀行に提出する資料が作れない」「新しい調達先を探している」など、事業を行ううえで、経営者様の資金調達のお悩みは絶えません。

金融機関から借入をしたい場合に、どこの金融機関から借入をしたらいいのか、どのような資料が必要か、いくら借りて返済はどうすればいいのか、融資を受け易くするための交渉の仕方等、円滑に資金調達ができるように全力でバックアップいたします。
また、金融機関が納得する経営計画書等の書類作成支援や、金融機関との打合せに同行して交渉のサポートをいたします。

・資金調達方法の検討
・経営計画書作成支援
・金融機関同行

資金繰り改善支援

資金繰りにお悩みの経営者様は、キャッシュフロー(資金の流れ)を把握していますか?
中小企業の経営者様には、経理や会計のしくみがわからないとおっしゃる方が見られます。また財務状況やいつ支払いがあるのか把握していない方もおられます。そのような状態では、いつ資金ショートが起こるかも把握できませんし、資金繰りの問題は解決できません。

当方では、まずはキャッシュフローを明確にして、1月後、半年先、1年先、3年先の資金の流れを把握して、資金繰り対策を講じることができる状態にします。それと同時に、経営者様に現在の経営状況および、損益計算書、貸借対照表などの見方をわかりやすく説明し、現在の経営状況をご自身で把握できるようにご指導いたします。そしてご一緒に問題点・課題点を分析し、解決に向けて取り組みます。

・資金繰り表作成支援
・財務体質改善策立案
・リスケジュール対応支援


まずはお気軽にご相談ください。